株式会社通販総研は健康食品、産直品、化粧品などの通販支援コンサルティング会社です。
コンサルティングのご案内通販実践勉強会のご案内社員研修のご案内セミナーのご案内講演依頼のご案内お問い合わせ
初めての方へ
コンサルタント紹介
メルマガ登録

コンサルティングのご案内通販勉強実践会社員研修セミナーのご案内講演依頼
ご相談・お問い合わせ
TOP > コラム > 顧客名簿の重要性

顧客名簿の重要性


通販ビジネスは顧客名簿数が一番わかりやすい指標と言えます。顧客名簿数の増加が通販事業の増加と比例関係にありますので、まずは顧客名簿数をいかに増やすかという点が重要なポイントと言えます。

この点、実店舗を持ってビジネスをしている企業には、若干のアドバンテージがあります。無店舗の事業者が広告を出稿することで、名簿数を増やしていかざる得ないところを、日々の来店客を広告なしで名簿化していくことができるからです。  

通販ビジネスにあまり関わりのない店舗経営者は意外にも顧客名簿の価値に気付いていない方が多く、機会損失をしている場面を良く見かけます。ちょっとした工夫で顧客名簿を増やすことができますので、ぜひチャレンジしてみてください。  

ある食品メーカーでは年間4~5万人来場する施設を保有しながら、名簿保有数は2,000名にも満たないという状況でした。その後、通販事業にチャレンジしたことで、名簿の重要性に気づきました。現在では積極的に名簿獲得を行っており、2万名近い名簿を保有するようになりました。 「顧客名簿」においては質と量が大切です。顧客名簿の質とは「リピート客の数」を指し、量とは「顧客名簿全体数」を指します。

「 顧客名簿」といっても単に氏名と住所が載っているだけでは意味がありません。この場合の顧客名簿というのは、過去に自社で商品を購入した方の人数を意味します。プレゼント企画や無料サンプルなどで集めた名簿はほとんど価値を発揮しませんので、費用をかけてこのような名簿を集めることはしないように注意しましょう。 経営者の方とお話していて「顧客名簿数はどのくらいですか?」「当社は顧客名簿6万人以上持っています」「実際に購入されている方は?」「・・・1万人くらいです」という場合がよくあります。この場合、自社の顧客名簿は約1万人と認識しておいた方が間違いありません。  

通販ビジネスにおいては、「通販年商(目安)=顧客名簿数×1万円」という指標があります。これは、顧客名簿が1万人いれば、年商1億円の通販ビジネスができるポテンシャルがあると言えるのです。この場合の顧客名簿数は直近1年間に自社で商品を1個以上購入した方を対象にカウントいたします。

1万人以上の顧客名簿があれば、商品の製造原価だけでなく、ダイレクトメールを送る際の印刷費用等の諸費用も大幅にコストダウンを図ることができます。 企業にとって、通販事業の立ち上げ初年度~3年目にかけては、まずは「顧客名簿1万人達成」が大きな目標となります。


TOP > コラム > 顧客名簿の重要性
Copyright © 通販総研|通販支援コンサルタント