株式会社通販総研は健康食品、産直品、化粧品などの通販支援コンサルティング会社です。
コンサルティングのご案内通販実践勉強会のご案内社員研修のご案内セミナーのご案内講演依頼のご案内お問い合わせ
初めての方へ
コンサルタント紹介
メルマガ登録

コンサルティングのご案内通販勉強実践会社員研修セミナーのご案内講演依頼
ご相談・お問い合わせ
TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.51】「他人の意見を鵜呑みにしない」

【通販総研通信vol.51】「他人の意見を鵜呑みにしない」

■通販総研メルマガNo.051■━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016年10月1日━


こんにちは。通販総研の辻口勝也です。


ここ1ヶ月腰痛で苦しんでいましたが、整体に週1回通うようになってようやく痛みも治まり、日常生活に支障をきたすことはなくなりました。ちなみにいただいたアドバイスで一番役立ったのは、「早く整体に行った方が良いですよ」でした。
あとアマゾンでの購入を勧められた腰痛ベルトも良かったです。
北林さん、ありがとうございました。

さて、先日、銀座にあるインドカレーの名店「ナイルレストラン」に行ってきました。「おいしいカレーの店」という雑誌を買ったところ1番最初に紹介されていたお店です。昭和24年創業のお店で、いつも店の前を通ると行列ができているので、気になっていました。

入店するとオーナーのG・M・ナイル氏が案内してくれるのですが、「定番(ムルギーランチ)で良い?」と尋ねてきます。食べログのレビューを見ても店内にいても100%ムルギーランチ押しで、よほど強い信念を持って入店しないとメニューブックすら見せてもらえない雰囲気です。

ムルギーランチはチキンカレーでターメリックライスと温野菜もついてくるのですが、ルー、鶏肉、ライスと温野菜を全て混ぜて食べるのが流儀らしく、普通に食べていると「混ぜろ」「混ぜろ」という呪文を定期的に聞かされることになります。

私は相席の方が食べるよりも混ぜる方に夢中になっていたので、その様子を見ながら食べたので呪文の洗礼は受けずに済みました。
歌舞伎座のすぐ近くで歌舞伎役者の方も常連が多いそうなので、銀座でカレーを食べたくなったらぜひお寄りください。

歴史の長く人気のある飲食店はメニューの少ないお店が多く、一番商品が明確です。私がよく行くインディアンカレーもカレー、ハヤシライス、カレースパゲッティしかメニューがありません。

月曜の朝にこのメルマガを読んだ方、ぜひランチはカレーを食べましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマは…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■他人の意見を鵜呑みにしない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、腰痛になった際にいろんな方が心配してくださり、皆さんからアドバイスをいただきました。振り返ってみると役に立つものもあれば、私には合わなかったものもありましたが、皆さんは自分の経験からお話くださっているので、どのアドバイスを選び、実行するかはこちらの責任と言えます。

通販ビジネスを行っていく中で、情報収集は極めて重要ですが、得た情報をそのまま鵜呑みにしてしまうことにはリスクも存在します。
まずその情報が事実なのか、その情報通りに実行することが自社にとってメリットがあるかは慎重に考える必要があります。

私は職業柄、多くの人と会う中で明らかに間違った情報を信じている人にも時々出会います。同業者との情報交換やパートナー企業の方との会話などから得た情報なのでしょうが、事実でない噂話を信じてしまっているようで、「A社はこういう理由で売上が伸びたんですよ」「B社は定期の誘導率が○%もあるんですよ」と話してくださるのですが、明らかに現実と違う話になってしまっている場合もよくあります。

他社の噂話程度ではそんなに実害はありませんが、自社の施策に絡むところだと注意が必要です。

あるクライアント企業での話ですが、友人紹介のツールを購入6回目以降のお客様に同梱するというオペレーションになっていました。
私がなぜ6回目以降なのかと質問すると、以前出たセミナーで講師がそう話していたからというのが理由でした。実際にその会社の友人紹介の実態を調査したら購入回数が少ないお客様の方が紹介数が多いことがわかりました。

またクロスセル用のツールも3回目以降のお客様に同梱していたのですが、これも本を読んだら書いてあったというのが理由だと言うので、初回購入のお客様にテスト的に同梱したら反応が上がったので、施策自体を見直すことになりました。

セミナー講師も自分の経験に基づく事実を話してはいますが、その事実は全ての会社に通じる真理とは限らないのです。
情報を得ることは非常に大切ですが、得た情報をそのまま鵜呑みにせず、仮説を立てたり、自社の現状を調査したりして、しっかり検証するようにしてください。

TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.51】「他人の意見を鵜呑みにしない」
Copyright © 通販総研|通販支援コンサルタント