株式会社通販総研は健康食品、産直品、化粧品などの通販支援コンサルティング会社です。
コンサルティングのご案内通販実践勉強会のご案内社員研修のご案内セミナーのご案内講演依頼のご案内お問い合わせ
初めての方へ
コンサルタント紹介
メルマガ登録

コンサルティングのご案内通販勉強実践会社員研修セミナーのご案内講演依頼
ご相談・お問い合わせ
TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.52】「ジョブローテーションの重要性」

【通販総研通信vol.52】「ジョブローテーションの重要性」

■通販総研メルマガNo.052■━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016年10月15日━


おはようございます。通販総研の船生千紗子です。


コンサルティングの際、課題の解決、施策のアイディア出しの為に、セミナー形式を取り入れることがあります。
その時に、意識しているのが、こちらからの情報提供の後に、必ずその場で自ら考え、発表してもらう時間を取り入れることです。

どんな情報も、翌日になると多くを忘れてしまいます。
しかし、インプットした後に、すぐ考えることで、煮詰まっていた事柄、後回しにしていた事柄の重要性の再認識、広い視点でのアイディア出しに役立つ為です。

来月、『化粧品通販セミナー』を、東京、大阪で開催致します。

自社の課題の振り返り、アイディア出しのヒントにお役立てていけるよう出来るだけ多くの事例を皆さまにご紹介をして行きます。

是非、ご興味のある方は、ご参加ください。

そして、インプット後のアウトプットを、すぐに実践してみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のテーマは…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ジョブローテーションの重要性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
専門性、業務の質を高めるために、同じ業務に長く携わることは重要ですが、一方で視野を狭め、課題の発見、新しい事への挑戦を阻むというデメリットもあります。

その為、ある一定の割合でジョブローテーションをすることは、個人の成長や事業の広がりにおいてとても重要です。

あるクライアント先では、WEB担当、紙などのオフライン担当というような形で業務を明確に区分けしていました。
その為、スタッフが突然辞めてしまうなどの事態があると、その業務について深く理解をしている者が居なく、慌てて他のスタッフが場当たり的に対応するという形になっていました。

しかし、そのような状況で業務を振り返ってみると、今はやらなくても良いような取り組みを慣例的に行っていることがいくつかあるなどの発見をすることができました。

当時は必要でも、時間が経つにつれ取り組む必要がなくなっていたのです。
しかし、昔からやっていることだから当たり前のように取り組んでいたのです。

このようなことは、恐らく多くの企業で日常的に起こっていることと思います。
何かしらのきっかけがないと日々の細かい業務を振り返ることは優先度の低いこととして置かれているためです。

通販企業A社も、専門性と効率の追求から、1人のひとがある特定の業務を担う形で長くいました。

その結果1つ1つの業務の質はとても高いレベルを保つことができているのですが、さらなる事業発展を考えると、業務の理解者が特定の1人でしかいないということは事業発展に大きなリスクを伴うと考えました。

そこで、業務経験者を増やすために積極的にジョブローテーションを行っています。各人が専門性高く業務にあたっていたため、ジョブローテーションをすることで、一時的に業務の質を落とすことにもなりますが、これは社内全体でジョブローテーションの理由を理解することで、リスク回避につながっています。

長く一つのことだけに携わり続けていると、その業務の範囲内で物事をみようとしがちです。しかし、見方を変えることで、新しい気づき、アイディアが生まれます。その結果今まで出来ないと考えられていた事が可能になったりと好循環を生むきっかけにもなります。
ジョブローテーションを積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.51】「他人の意見を鵜呑みにしない」
Copyright © 通販総研|通販支援コンサルタント