株式会社通販総研は健康食品、産直品、化粧品などの通販支援コンサルティング会社です。
コンサルティングのご案内通販実践勉強会のご案内社員研修のご案内セミナーのご案内講演依頼のご案内お問い合わせ
初めての方へ
コンサルタント紹介
メルマガ登録

コンサルティングのご案内通販勉強実践会社員研修セミナーのご案内講演依頼
ご相談・お問い合わせ
TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.6】「シニア向けネットショップのあり方」

【通販総研通信vol.6】「シニア向けネットショップのあり方」


■通販総研メルマガNo.006■━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015年1月30日━

皆様おはようございます。通販総研の岸本です。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

先日、あるWeb広告代理店の担当者さんと一緒に昼食をとっていた際、 面白い話をうかがいました。

大規模チェーン展開をしている飲食系の会社が、スマホアプリ「LINE」の お友達を数百万件まで増やしたそうなのですが、以前から保有していた メルマガのリストと照合すると、全くの「新規のお友達」が約半分くらい との事。

Webまわりの広告は大体実施してきた様な会社で、リストの数は頭打ちかと 思われていましたが、未だ100万件規模のリスト収集が可能だったということです。

改めてWebの市場に可能性を感じた年明けでした。

ちなみに、LINEの企業アカウントは原則、店舗を持っている会社に限られていましたが、2月後半より店舗を持っていない企業もアカウント開設が可能になる予定です。

まだまだ先行者利益が見込める可能性がありますので、取得をお考えの 企業様は是非お早めに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマは…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■シニア向けネットショップのあり方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ウィンドウズ95の日本版がリリースされてから、今年の11月で20年、 家庭やオフィスにPCが普及してからずいぶん経ったことになります。

当時40歳くらいのユーザーであれば、そろそろシニアと呼ばれる 年代になってきます。PCを日常的に使用しているシニア層が多くなって くるのは自然の流れですし、今後益々ネットショップを利用する ユーザーがシニア層に増えていきます。

では、シニア向けのサイトにとって重要なサイト作りとは どんなものでしょうか。

JR東日本が運営する 「大人の休日倶楽部」をご覧ください。

http://www.jreast.co.jp/otona/

文字の大きさは3段階選択できるので見やすく、サイト構成や色使いも 目が疲れない程度に抑えられています(代わりに風景写真などが 鮮やかなので、商品が引き立っています)。 説明も長すぎず簡潔です。


日本直販さんのサイトも良い例だと思います。特にバナーデザインが 秀逸で、大きなフォントサイズに濃い色の為、読みにくいことも無く、 テキストの配置が商品写真に被ったりしていません。 バナーで伝えたい事がしっかりとわかる形になっています。

http://www.666-666.jp/


このあたりの要素については、シニア層の利用が多いであろう 厚生労働省のページデザインも参考になります。

http://www.mhlw.go.jp/


また、古い記事ですが、システム運用者の経験から書かれた 「団塊~シニア層向けのWeb設計やっちゃいけない10のUI」には、 より具体的な注意事項が書かれています。

http://d.hatena.ne.jp/wa-ren/20061117/p1 
細かな内容はリンク先をご覧頂くとして、上記の内容をまとめると、 シンプルで判りやすく、目が疲れない様なサイトで、悩ませるような ユーザーへのリクエスト(パスワードの設定やプルダウン選択など) を避けるというような事かと思います。

さて、ここまで見てきた内容ですが、それってシニア向けに 限った話だろうか、と思いませんか?

前回のメルマガで、スマホユーザーについて少々書きましたが、使用する デバイスが小さくなると、若者でも、中高年でも、同じ様に見やすい、 読みやすいサイトを求めるようになります。

つまり、今後は対象者の年齢に関係なく、サイトのユーザビリティを 向上させようとすると、シンプルで判りやすい構成を心掛けることが、 今まで以上に必要になってきます。 スマホページはPCページに比べて情報量が少なくなります。ページの 読み込み速度が遅ければサイト離脱がPCよりも多く発生するので、 デザインもシンプルなものが多いと思います。

使い勝手が良さそうなスマホサイトを見つけたら、それをベンチマークに 高齢者向けPCサイトを作成してみる、あるいは逆に、シニア向けサイトの 構成を参考にしたスマホサイトを試してみる。そんなことがこれからは 有効になっていくかもしれませんね。

次回はWeb広告(主にリスティング)の最新の話題など、 株式会社リスティングプラスの長橋社長へのインタビューを実施して、 記事にしてみたいと思っております。

もしこんな話が聞きたい、というようなリクエストがあれば、是非お知らせください。

TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.6】「シニア向けネットショップのあり方」
Copyright © 通販総研|通販支援コンサルタント