株式会社通販総研は健康食品、産直品、化粧品などの通販支援コンサルティング会社です。
コンサルティングのご案内通販実践勉強会のご案内社員研修のご案内セミナーのご案内講演依頼のご案内お問い合わせ
初めての方へ
コンサルタント紹介
メルマガ登録

コンサルティングのご案内通販勉強実践会社員研修セミナーのご案内講演依頼
ご相談・お問い合わせ
TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.71】「施策をわかりやすく記録に残す」

【通販総研通信vol.71】「施策をわかりやすく記録に残す」


■通販総研メルマガNo.071━━━━━━━━━━━━━━━━━2017年8月1日━


こんにちは。通販総研の辻口勝也です。

 

先月は突然事務所のクーラーが壊れて、暑い日々を過ごしまし た。自宅であれば、すぐに修理を依頼したり、新品を買いに行 くこともできるのですが、賃貸だと管理会社や大家さんとの調 整があり、なかなか話が進みませんでした。

 

故障具合を調査した結果、買い替えることになり、新しいクー ラーが設置されたのは故障から10日後とだいぶ暑い日を過ご しました

 

クーラーのない生活が続くと、社内での仕事の生産性は大幅に 悪化しますし、新幹線や商業施設に行くと今まで以上にクーラ ーが寒く感じたりと、身体にも仕事にも影響がありました

 

新品なので、しばらく故障はないかと思いますが、長年同じ クーラーを使っている方は、家電は突然壊れますので、十分 お気を付けください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマは…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■施策をわかりやすく記録に残す

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クライアント企業と打ち合わせをしていると、過去の施策がわ かりやすく記録に残ってないということがあります。販売デー タの分析結果を共有してる時に、大きな数字の変化を見つける ことがありますが、たいてい「この時期、何をしたかな?」と すぐに施策が思い出せないないことが多くあります。

 

広告やDMのレスポンス表を見る時も、クリエイティブが一緒 に載っている表を見ることが大切です。クリエイティブがない とレスが悪かった要因がすぐに判断できず、打ち合わせが前に 進まないということにつながります。

 

例えば、今年4月のキャンペーンの結果が悪かった時に、昨年、 一昨年の結果と照らし合わせます。施策を実施した担当者でも 日々の業務に追われる中、すぐに過去の施策を思い出すことは 難しいものです。しかし、過去の施策内容と数字を正確にまと めておくことで短時間で思い出すことができます。

 

ある化粧品通販会社では、数字だけのレスポンス表をもとに、 広告やDMの打ち合わせをしていましたが、実施したクリエイ ティブも表に載せるようにしたところ、情報共有が短時間でで きるようになり、打ち合わせがスムーズに進むようになりまし た。

また、売上の推移表の下に年月別に施策を書いておくのも有効 です。後日、振り返ってみると俯瞰的に自社の施策を見ること ができ、施策の偏りや漏れなども容易に発見することができま す。昨年実施していたことが、今年できていないとか、スター ト時期が遅れていたなどの発見もできるのです。

 

ある健康食品通販の会社では、毎月の売上や経費を整理してい る表の下にその月に実施した広告やそのレスポンスを記載する ようにしました。それによって、次月以降の媒体選定なども出 稿サイクルがわかることから、その表で皆が一目でわかるよう になりました。

 

過去の施策の共有がうまくできていない会社はまずは、わかり やすい記録を日頃の資料に取り込んで作られてみてはいかがで しょうか?社内での情報の共有化の一助にもなります。

 

TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.71】「施策をわかりやすく記録に残す」
Copyright © 通販総研|通販支援コンサルタント