株式会社通販総研は健康食品、産直品、化粧品などの通販支援コンサルティング会社です。
コンサルティングのご案内通販実践勉強会のご案内社員研修のご案内セミナーのご案内講演依頼のご案内お問い合わせ
初めての方へ
コンサルタント紹介
メルマガ登録

コンサルティングのご案内通販勉強実践会社員研修セミナーのご案内講演依頼
ご相談・お問い合わせ
TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.79】「パートナーを巻き込む」

【通販総研通信vol.79】「パートナーを巻き込む」


■通販総研メルマガNo.079■━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017年12月1日━

 

こんにちは。通販総研の辻口勝也です。

 

最近、心がけていることにセミナーで講演をする際にカタカナ、
横文字をなるべく減らすということがあります。

 

もちろん「リピート」や「広告のレスポンス」のようにカタカ
ナの方が伝わりやすい言葉はそのまま使いますが、聞き手が少
しでも?という言葉があると、伝えたいことも伝わりにくくな
ります。

 

先日の国政選挙でカタカナを連発している政治家がいたのです
が、私自身、聞いていて結局理解することができず、改めて、
カタカナ、横文字の連発は良くないと思いました。

 

ちなみに日常会話では普通に横文字も使いますので、お会いし
た際にあまりそこを突っ込まないでくださいね。

 

「コンテンツの内容」とか言ってしまうと、「頭痛が痛い」み
たいな言い回しになってしまいますので、日々、気をつけたい
と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマは…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■パートナーを巻き込む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宅急便の送料値上げの話は今年通販業界では一番旬な話題でし
た。以前は大手2社で相見積もりを取ったり、出荷数量をもと
に値引きを迫ったりということが普通に行われていて、宅配会
社に対して、パートナーという意識は希薄な通販会社が多かっ
たと思います。

 

今後は年々、送料も上がっていく可能性もあり、宅配会社も重
要なパートナーとして一緒に取り組みを考えていく必要があり
ます。

 

ある化粧品通販会社では週に1回宅配会社の方と打ち合わせの
場を作り、お客様から来たクレームや情報を共有しています。
通販会社と宅配会社が一緒になって知恵を絞り、施策を考えて
います。

 

ある健康食品通販の会社で聞いた話ですが、その会社の社員が
2日間朝から夜まで宅配会社のドライバーに同行させていただ
いたそうです。早朝に荷物をトラックに積む時点で、どういう
順番に届けたら効率的かを考えて、荷物を積み始めるそうです。

 

その後、配達していても不在であったり、不在だった人から携
帯に電話があったりと予定のルートも柔軟に変更しながら対応
していきます。配達エリアを熟知しているからできることで、
同行した社員の方も2日間一緒にいて、荷物を届けてくれるこ
とに感謝で一杯の気持ちになったと述べておられました。

 

有効求人倍率が上がり、どの業種でも人の採用が難しくなって
きています。通販業界だと宅配会社だけでなく、広告代理店、
制作会社、コールセンターやWEB広告の運用会社等でも人の
採用、教育が課題となり、提供しているサービスのコストアッ
プにもつながっていくと予測されます。

 

サポートする会社もコストの話しかしない、無理難題ばかり言
う、やる気が伝わらないというクライアントには十分な対応を
しなくなる可能性が出てきます。

 

通販会社側も事業をサポートしてくれる会社を業者扱いするの
ではなく、信頼できる会社や担当者であれば一緒に巻き込みな
がら事業を発展させていく必要があります。パートナーを巻き
込めるような情熱と商品力がより一層重要になるのは間違いな
いでしょう。

TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.79】「パートナーを巻き込む」
Copyright © 通販総研|通販支援コンサルタント