休眠顧客

休眠顧客とは一定期間、商品の購入がない顧客のことです。一般的には1年以上購入がないと休眠顧客と言う場合が多いです。休眠顧客の定義については、顧客フォローを重視する健康食品・化粧品会社は6ヶ月とか、ギフト需要の多い食品通販会社は14ヶ月のように会社の考え方や顧客の購入傾向から独自に設定することをお勧めいたします。


 


売上を構成する3要素と、それぞれの改善方法

『売上を伸ばす』と一言でいっても、一体何から取り組んでいくべきかが不明確なまま実行をしていると、なかなか思うように成果は現れません。そこで、売上とは何から構成されているのかを把握することが大切になります。 売上=1顧客数・・・続きを読む

意識改革よりも、行動改革を!

コンサルティングの現場で、経営者の方から自社の社員やリーダー格の人に責任感を持って『自ら考える力』を身につけて欲しいという意識改革についての相談を受けることがよくあります。 そのような時は、教育の一環として、他社の事例な・・・続きを読む

反応率の高いお誕生日DMは売上アップと休眠掘り起しに活用する

多くの通販企業では、お客様のお誕生日を活用してさまざまな取り組みを行っています。例えば、売上アップを目的に、お客様のお誕生日に割引やポイントアップキャンペーンを用意して購入促進につなげたり、しばらく購入がない休眠顧客に対・・・続きを読む

広告の反応が以前より悪化する中、休眠顧客 掘り起しは積極的に行いたい

新規顧客の獲得効率が悪化する中、休眠顧客掘り起しの重要性は高まっている 広告による新規獲得の効率が悪くなっていく昨今、いかに休眠顧客のリストを有効に活用して効率良く掘り起こしを行っていくかが重要になってきています。しかし・・・続きを読む