単品リピート通販

単品リピート通販とは少ない主力品に経営資源を集中させ売上を上げていくビジネスモデルです。商品の品揃えを魅力とする総合通販に対して、商品単体の魅力を訴求していくモデルになります。


通販業界は2000年以前、ニッセン、千趣会などの総合通販が全盛時代でした。2000年以降、やずや、健康家族、キューサイなど九州を中心に単品リピート通販の会社が幾つも成長し、業界を牽引していき、現在に至っています。


単品リピート通販に取り組む会社はまず1つ主力品を開発し、その商品のみ広告を出稿していきます。新規客には主に定期コースの案内を行い、継続購入を促します。広告投資→新規獲得→定期コース入会→リピート購入という流れでビジネスを展開していきます。


広告投資の段階では赤字なりますが、リピート購入を繰り返してもらうことで広告費の回収を行っていきます。定期コース会員数が増えれば増えるほど利益も増えていきますので、広告投資額も増えていくことになります。


新規客獲得のための広告の効率が良く、順調に定期会員数が増えると短期間に売上を伸ばすことができます。ある化粧品通販会社の売上は3億円→5億円→10億円→30億円→60億円と5年間で20倍になりました。少ない商品数、少ない社員数で短期間に売上を伸ばせる可能性があるのがこのビジネスモデルの魅力です。


一方で、急速な売上アップにはデメリットもあります。売上の成長に社員の成長が追い付かない、急に社員数が増えるので組織が成熟しない、定期コースの安定した売上があるので施策の実行にスピード感が出ない、お客様とのコミュニケーションが希薄になりやすいなど、様々な課題が発生しがちです。また、新規客獲得ための広告効率が悪くなると、急速に売上もダウンしてしまいます。


短期間に売上が上がる可能性がある魅力的な面、急速な売上アップにはデメリットも内在している点を理解した上で、自社にあった成長スピードを考えることが重要です。


商品の発売当初は渦巻き理論を意識する

LTVが高い商品の共通点として、多くの社員が商品を購入しているという点があります。会社の姿勢、商品の良さを理解した社員は自分用に買うだけでなく、家族・友人にも購入を勧めます。商品の良さを理解・実感している社員の熱量は周囲・・・続きを読む

成果を上げるSNSの活用

多くのEC通販会社が、力を入れて取り組んでいることにSNSの活用があります。広告費をかけずに投稿による情報発信が出来るSNSに新規客獲得や売上アップといった期待を持って取り組んでいます。しかし、なかなか思っているような効・・・続きを読む

目的を明確にし、やらないことを決める

目的をもって施策に取り組むことで、得たい成果をあげることができます。しかし、目的を曖昧にし、あれもこれもと手を出していると得たい成果をあげること出来ません。 目的を明確にし、やるべきことと、やらないことを決めていくことが・・・続きを読む

EC通販への過剰な期待を持っていないか?

化粧品、健康食品(機能性表示食品)EC通販(単品通販)への新規参入企業は、増加傾向にあります。 特に、ここ数年「D2C」、「サブスク」という言葉が流行り、まるで今までにない画期的な仕組みにより簡単に成功する事業であるかの・・・続きを読む

新しい事にチャレンジすることの大切さ

仕事の経験を積めば積むほど、効率的に業務を進めることが出来、また、業務への知識もどんどん深まり、充実した状態を得ることができます。 しかし、この状態が長く続くと、慣れた業務以上のことへの関心が薄れ新しい事にチャレンジする・・・続きを読む

お客様の心を動かす開発ストーリーの重要性

通販ビジネスは言葉で人の心を動かすという特性がありますが、発信する情報の中で開発ストーリーは重要な要素の1つと言えます。特に中小企業の場合、開発者の想いやこだわりから商品が生まれることが多く、語れる背景が多くあります。独・・・続きを読む

今こそ、休眠客の掘り起しが重要

多くのEC通販事業者の共通課題として、新規獲得効率の悪化があります。競合の参入、消費者の広告疲れもあり、年々、獲得効率の悪化が顕著になっています。 そこで、積極的に取り入れていきたい施策が休眠客の掘り起しです。 「商品が・・・続きを読む

一本足打法からの脱却を目指す

最近、第2の主力品を開発し育成していきたいという相談を受ける機会が増えました。単品リピート通販ビジネスは1つの商品に経営資源を集中させ事業を拡大するモデルですが、市場の成熟化が進み、一昔前のような急速な売上アップが難しく・・・続きを読む

事業責任者(経営者)の本気度が事業の成否を左右する

EC業界は、成長している。単品リピート通販は今、流行りの業界だ。といった言葉がまことしやかにささやかれ異業種からの参入が後を絶ちません。しかし、実際は、単品リピート通販市場自体は、20年以上前から存在し、新しい市場でも、・・・続きを読む

オファー価格の変更で広告のレスポンス改善

年々、広告の効率が悪くなり、多くの企業が以前のような効率で新規客を獲得出来なくなっています。各社、クリエイティブの改善、媒体の精査、ターゲティングの見直しなどに取り組んでいるとは思いますが、それでもなかなか改善しないとき・・・続きを読む