株式会社通販総研は健康食品、産直品、化粧品などの通販支援コンサルティング会社です。
コンサルティングのご案内通販実践勉強会のご案内社員研修のご案内セミナーのご案内講演依頼のご案内お問い合わせ
初めての方へ
コンサルタント紹介
メルマガ登録

コンサルティングのご案内通販勉強実践会社員研修セミナーのご案内講演依頼
ご相談・お問い合わせ
TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.124】「自社の強みを伸ばす」

【通販総研通信vol.124】「自社の強みを伸ばす」

■通販総研メルマガNo.124━━━━━━━━━━━━━━━━━2019年10月15日━

おはようございます。通販総研の船生千紗子です。

 

先日、健康診断に行ってきました。毎回同じ病院で診断を受けるのですが
診断の度に感心させられるのが、手際の良さです。

 

誰をどの検査室に案内すれば待ち時間少なく、スムーズに全診断を受ける
事が出来るかを瞬時に把握して一人一人を丁寧に案内していきます。
一人のスタッフが診断者の応対で手が塞がっていると、別のスタッフがその
状況を見て、即フォローに入ります。

 

マニュアルがしっかりしていることはもちろんのこと、普段の経験と目配り
の習慣がこのようなスムーズな行動を可能にしているのだと感じました。

 

仕事の効率化が注目されていますが、より大切なことは業務に携わる一人
一人が経験を積み能率を上げる事ではないかと改めて感じました。

 

もし、効率ばかりに目が向いているようでしたら、どのようにしたら能率を
上げることが出来るかと一度考えてみてはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のテーマは…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■自社の強みを伸ばす
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大量生産、大量消費のようにたくさん物を作って安く売るという時代から、
価値のあるものには、高くても買うという消費行動が広がり見せています。
このような時代だからこそ、効率を重視した画一的なモノ作り、売り方よ
りも自社の強みを伸ばし他社には無い価値訴求をしていくことが重要にな
ってきています。

 

通販会社A社は、異業種から化粧品通販事業をスタートさせました。本業
で電話営業を得意としており、通販事業参入時にもこの強みを活かすこと
としました。オペレーターはお客様にお電話をして、お客様のお悩みに耳
を傾け、その解決方法と商品の説明を行っていきます。普段からお客様と
の会話に慣れていることもあり、自然な会話を通して、お客様に納得して
頂いたうえで商品販売へと結び付けることに成功しています。

 

化粧品通販会社B社は、本社に化粧品工場を持っているという強みを最大
限に発揮しています。自社工場があることで、こだわりのある商品開発を
スムーズに行えることはもちろんのこと、ノベルティとして活用できる非
売品の開発をも可能としています。さらに、工場見学や夏休み、ハロウィ
ン、クリスマスといった季節毎のイベントを開催し、お客様に工場に来て
もらい関係性の強化を実現しています。このように工場をお客様との出会
いの場、関係作りの場として活用している通販企業は少ないこともあり、
大きな強みとなっています。

 

通販会社C社は、通販事業に参入する際、外部のOEM会社を頼らずに、
食品メーカーとしての研究、開発力を強みに健康茶の開発を行いました。
素材のもつ栄養価、美味しさを引き出すために試行錯誤を繰り返しながら
焙煎技術を磨き、ついにスッキリとした風味豊かな味わいの健康茶を作り
出すことが出来ました。さらに、こだわったのは、素材を仕入れるのでは
なく、自社で育てて生産をすることで、生産から製造、販売まで一貫した
体制作りをすることです。素材を活かしながらも、美味しさを実現すると
いう強いこだわりが強みとして発揮され、多くのお客様から好評を頂いて
おります。

 

競争が激化する中、独自性を発揮していくことの重要性は高まるばかりで、
自社ならではの強みを磨き、伸ばしていくことが必要になってきています。
改めて自社の強みとは何か?を振り返り、その強みを活かせているかを確
認してみてはいかがでしょうか?

TOP > メルマガバックナンバー > 【通販総研通信vol.124】「自社の強みを伸ばす」

Copyright © 通販総研|通販支援コンサルタント