化粧品通販成功事例公開セミナー
 
 

過去の施策を復活させる

ご支援先で打ち合わせをしていると、このような言葉を聞くことがあります。「以前はやっていたんですけどね・・・」施策の提案をした際に、そう言えばという感じで発せられることが多くあります。

 

やめた理由を聞くと、あまり明確な理由はないまま、何となくやめてしまっているという場合が多いように感じています。

 

同梱していたツールがたまたま在庫がなくなったのをきっかけに自然消滅したり、ツールのリニューアルをしている間に、抜け落ちてしまったり、担当者の一存で施策を勝手にやめたりと月日の流れと共にツールや施策は自然消滅していきます。

 

「あの施策はけっこうクレームが多いんです」という報告があり、やめてしまった施策があったのですが、担当者を問い詰めてみるとたった1人のクレームをさも多くの人のクレームのように報告していたという場合もありました。

 

新しい施策を常に考え、実行していくことは大切なことですが、過去に実施していた施策を再度棚卸をしてみてはいかがでしょうか?中には効果はあったのに、深い理由もなくやめてしまった施策が1つ2つはあるはずです。

 

ある健康食品通販会社では休眠客に手書きのお手紙を出すという施策を実施していました。過去の累計購入金額の多いお客様を中心に社員皆で協力し合って書いていて、復活してくださるお客様も多くいました。しかし、社員の方が入れ替わったり、業務が忙しくなったりと施策自体、自然消滅してしまいました。その後、過去の数字を確認した経営者の決断で再度、施策を復活させたところ、以前と同じような成果を得ることができました。

 

ある化粧品通販会社では、WEB経由の新規顧客にはコストダウンを目的にダイレクトメールの送付をある時期から止めていました。しかし、後日検証してみると2回目移行率の数字が悪化していることが確認でき、施策を復活したところ数字も以前の水準まで戻りました。

 

新しい年の始まりです。新たな目標を設定しつつも過去の施策にもう一度息吹を吹き込んでみてはいかがでしょうか?

 
タグ:

読めばきっとためになるメールマガジンをお届け ご登録がお済み出ない方は、こちら






 

EC通販コラムTOPへ通販コンサルTOPへ