押し売りなのか?提案なのか?

お客様からの反応を気にし過ぎて、提案すべき商品を提案しないままに終わらせてませんか?

 

時々、コンサルティング現場でクライアントから、お電話がかかってきたお客様に、特段求められていない商品を提案することは押し売りになるので、控えているというような話をお聞きすることがあります。

果たして、特段求められていない商品を案内することは押し売りなのでしょうか?

 

押し売りと提案の違い

押し売りとは、買う意思のないお客様に無理やり売りつける事でありお客様との会話から、潜在ニーズを引き出し、お客様にとって良いと思う商品を提案することは押し売りとは違います。お客様自身が気づいていないニーズを引き出したり、その企業が取り扱っている商品を案内し、そこでその商品に気づいてもらう事は提案です。


逆にお客様との会話からニーズを引き出せず、商品のご提案が出来なというのは提案力不足ともいえます。

 

お客様に合わせた商品提案

先日、化粧品通販会社A社に、定期解約のお電話をしました。余っているなら、お届けを延ばせますよという提案を断った後紫外線が気になる季節になったので日焼け止め化粧品はいかがですか?という提案がありました。


私は日焼け止めは通年を通して使っているので、必要ないと断りましたが、これから日焼け止めを買おうと考えている人にとっては丁度良いタイミングの提案になります。


通販会社B社は、商品購入時に身体や肌についてどんなことを気にしているかを確認するアンケートをとっています。そのアンケート結果をもとに、お客様に合った商品の提案を行っていきます。そのため、大変反応も良く
お客様から喜ばれています。


化粧品通販会社C社は、お客様のお肌の状態に合わせた商品の組み合わせ提案を基本としています。肌は季節や環境、ストレスによって状態は変わるのでその時々の肌状態に合わせた適切な商品の組み合わせがあると考え、ご相談を頂いたお客様に丁寧に提案をします。

提案を受けたお客様は、詳しい説明を聞き、同じ商品を使い続けるだけではなく、その時々に合わせて組み合わせや使用量が大切と知り、もっと早く知りたかったとまで言われます。

 

お客様に合わせた提案を積極的に行う事が大切

このように見ていくと、お客様にとって必要と考えられる商品を提案することは、お客様想いな行為であり、決して、押し売りとは違います。お客様にあったより良い提案を心がけていけば、提案したときに購入に至らなくても、お客様は自分の事を気にかけて提案をしてくれたとプラスな印象をお持ちになるでしょう。

嫌われることを恐れずに、お客様を想い、積極的な提案を心がけてみませんか?

 
タグ:








 

EC通販コラムTOPへ通販コンサルTOPへ

   

メールマガジン登録

メールアドレスをご登録頂くと、毎月2回のコラム更新時にメルマガが届きます。 見逃さないために是非ご登録ください。