DtoC企業がフリーペーパー広告を活用する際のポイント

フリーペーパーは読者が無料で読むことができる媒体で、紙面に広告を出稿している企業の広告費を原資に出版されているものです。フリーペーパーは種類が豊富で、地域に根ざしたもの、新聞社が発行しているもの、クーポン系のものなど様々な媒体があります。

 

フリーペーパーに広告を出稿するメリットは2つあります。

1つ目は安価に出稿できることです。総じて発行部数が多くないため、広告費は安価なものが多いのが実情です。

 

2つ目は、カラーの紙面が多く、広告の内容が伝わりやすい点です。特に美容訴求の化粧品や美味しさ訴求の産直品はその表現のしやすさから相性が良いと言えます。

 

一方で、デメリットも2つあります。

1つ目は、メリットの裏返しでありますが、発行部数が少ないことです。媒体によって差はありますが、発行部数が少ないので1回の出稿におけるレスポンス数には限りがあります。

 

2つ目は媒体によって読者の信頼度に差がある点です。有益な情報を発信している媒体がある一方、目先の広告費を重視し、広告だらけで情報が少ない媒体も存在しています。出稿前にバックナンバーを取り寄せ、紙面の状況を確認しておくのが無難です。

 

フリーペーパーの配布方法には配達型と設置型があります。

配達型は家のポストに配られるもの、設置型は駅などにラックを設置し、そこで読者に手に取ってもらうものです。通販会社がフリーペーパーに広告を出稿する際に、気をつけないといけないのが設置型の媒体への広告出稿を避けるという点です。これは実際に配布された部数を把握することができないため、広告費、配布部数、レスポンス件数によって広告の評価を行う際に、配布部数が不確実になり正確な検証ができないためです。

 

フリーペーパーも一時期に比べると新聞・雑誌と同様に年々、発行部数が減少傾向にありますが、活用においてはメリットもある媒体です。自社商品のコンセプト・ターゲットから活用できるフリーペーパーがあれば、活用を検討できる媒体の1つです。


こちらの記事をご覧の方におすすめ

通販お役立ち資料
無料ダウンロード

通販ビジネス成功のための50のヒント

通販ビジネス成功のための50のヒント

売上を伸ばしたい、リピート客を増やしたい社員のスキルアップを測りたい。

通販・EC業界の経営者・事業者必須の1冊!

当たる通販広告制作のためのヒント

当たる通販広告制作のためのヒント

当たる広告はどのように作るのか?その考え方を整理しています。

広告のレスポンスを上げたい経営者、事業責任者、広告担当者向けの資料です。

通販立ち上げ前に知っておくべきこと

通販立ち上げ前に知っておくべきこと

不勉強でのチャレンジは必ず失敗します。何を準備すべきかをぜひこの資料から学んでください。

これから通販を始める方必読の資料。



タグ:

読めばきっとためになるメールマガジンをお届け ご登録がお済み出ない方は、こちら






 

EC通販コラムTOPへ通販コンサルTOPへ