自社でのWEB広告運用にチャレンジする

EC・通販業界は、右肩上がりで伸びている、これからの時代は、やはりECだということでEC・通販業界にチャレンジする会社が、益々増えています。


しかし、今まで広告、特にWEB広告に取り組んだことがない企業は、兎角WEBへの期待値が高く、広告予算が少なくても上手く行く。自社にWEB広告に精通する担当者がいなくても代理店等のパートナーに任せておけば上手くいくと思いがちです。


しかし、そのような企業が、代理店に丸投げしてWEB広告にチャレンジしても、なかなか成果を出すことが出来ません。実際、広告予算を割いた割には、ノウハウも成果も何も残らなかったといったことが多くあります。

 

自社でWEB広告を運用してみる意義とは?


そこで、WEB広告への理解が浅い企業、広告予算が少ない企業には、自社でWEB広告運用にチャレンジすることをお勧めしています。


その主な理由は、WEB広告特有のノウハウや知識があれば、売れるものではないことを理解してもらうためです。販売する商品はどのような特徴があり、他社と比べどのような優位性があるのか?誰がその商品のターゲットなのかという基礎の部分を通販会社自体が整理し、考えないといけないためです。


WEB広告に詳しいからと丸投げするのは、運用ノウハウ以上のことまでパートナーに考えさせることで、そのような姿勢ではなかなか成果につながることはありません。


また、広告予算の少ない会社には代理店もあまり時間を割かない傾向があり、細やかな運用をしてもらえないのも理由の1つです。

 

クリエイティブ制作の経験は、WEB広告の運用にも活きる

化粧品通販会社A社は、オフライン広告を中心に新規客の獲得を行っております。今後の事を見据え、ある時WEB広告にもチャレンジすることにしました。


初めての事もあり、予算を大きく割けないため自社で広告運用することにしました。広告運用に関する知識は本などから得ることとし、広告画像、LP改善等はオフライン広告用のクリエイティブ制作時の経験を上手く活用していきました。


結果、運用ノウハウは実践しながら身に付け、着々と成果を伸ばしていくことが出来、新規獲得の1つの媒体として確立することが出来ました。

 

疑問を持つ事から、学びが始まる


健康食品通販会社B社は、自社運用と代理店運用の両方の形を取っています。以前までは、代理店に全ての運用を任せていましたが、運用レポートの結果を見ながら、もっとこのような改善が出来ないのか?など疑問がいくつも浮かぶようになったことを機に自社運用をする部分を持つようにしました。

 

分からないこと、疑問に思う事は徹底的に調べ上げ、そこで得た知識を実践に落とし込むことで、さらに理解が深まり、全て代理店に任せていた時よりも良い成果となり、自社で考え、実践することの大切さを痛感しました。

 

自分事として考えることで、答えは見えてくる


代理店に任せているけどなかなか成果が出ないといった場合は、ノウハウ以外の問題があるのかもしれません。自分で運用するつもりで深く考えれば、何故、上手く行かなったのか?商品を販売するための材料が不足していたのではないかと気づくのでは無いでしょうか?

 

広告予算が少ない会社、コロコロ代理店を変えて成果が出てない会社、代理店に任せきりでWEB広告のロジックを理解してない会社は一度、自社での運用を検討してみてはいかがでしょうか?学ぶことが多く大変ですが、得られることも多くあります。

 

 

こちらの記事もあわせてお読みください

通販立ち上げ時の失敗事例

 

 
タグ:

読めばきっとためになるメールマガジンをお届け ご登録がお済み出ない方は、こちら






 

EC通販コラムTOPへ通販コンサルTOPへ