健康食品業界向けリピート客育成セミナー
 

社内コミュニケーションの見直し

ここ最近、コミュニケーション不足を課題に感じている通販企業が増えています。特に、リモートワークをきっかけに、組織の縦割りによる他部署の取り組みへの無関心さなども目立つようになってきました。


このような課題を感じている企業はコミュニケーションを円滑に進めるための取り組みを行っていくことが大切です。


通販会社A社は、マーケティング部署とコールセンターを統合し同じ部署にしました。コールセンターには、日々、お客様からの要望やさまざまな意見が集まってきます。施策等に活かすためにも、積極的にそのような声を取りに行く必要がありますが、どうしても部署が違うと、コールセンターから挙がってくる声だけが全てと考えがちです。そこで、部署を統合することで、縦割りによる弊害をなくし、リアルな声を聴くことを可能とし、情報共有の内容が深まっていきました。

 

通販会社B社では、複数の部署を横断して若手社員を選抜し、研修を行っています。研修後には、チーム単位で取り組む宿題が出るので、自然とコミュニケーションが増えて行きました。また、チームのメンバーに自身の考えを分かりやすく伝えるためには、どうしたらよいかを考えるようになり自然とコミュニケーション力も高まっていきました。さらに、相手の立場を理解しようという姿勢も自然と身につき、コミュニケーションが円滑に進むようになりました。

 


通販会社C社は、各部署毎の1年間の取り組み、目的、目標を1枚の模造紙に記載していきます。この模造紙は、会議室に貼り社員全員に共有をし、どこの部署が何を考え、どのような動きをしているか見える化しています。会議や朝礼での発表だけでは、どうしても歩留まりませんので、このような見える化をすることで部署間のコミュニケーション不足を補っています。また、目的や目標も共有することで、会社としての向かう方向性を改めて再確認出来るといったメリットもあります。


コミュニケーション不足を感じている企業は積極的なコミュニケーションを可能とする仕組みを取り入れてはいかがでしょうか?


こちらの記事をご覧の方におすすめ

通販お役立ち資料
無料ダウンロード

化粧品通販会社向け売上が上がる組織の作り方

化粧品通販会社向け売上が上がる組織の作り方

お客様の声からは売上アップのヒントが数多く得られます。

お客様対応力を高めたい経営者、事業責任者、お客様対応から販促企画、CRM施策を考えたい方向けの資料です。

通販ビジネスの考え方 マインド編

通販ビジネスの考え方 マインド編

通販ビジネスにどのようなマインドで向き合い、事業を発展させていくべきか?

立場・役職に関係なく通販ビジネスに携わる方向けの資料です。

通販ビジネスの考え方 実践編

通販ビジネスの考え方 実践編

通販ビジネスにどのようなマインドで向き合い、事業を発展させていくべきか?具体的な実践方法を整理した資料です。

立場・役職に関係なく通販ビジネスに携わる方向けの資料です。





タグ:

読めばきっとためになるメールマガジンをお届け ご登録がお済み出ない方は、こちら






 

EC通販コラムTOPへ通販コンサルTOPへ