化粧品通販成功事例公開セミナー
 
 

リピートに影響を与える化粧品の使い方!【通販コラム002】

化粧品には、正しい使い方と、使う量、使うタイミングというものがあります。これらの情報がしっかりとお客様に伝わっていなければ、効果を感じてもらえなかったり、商品が消費されず、次回購入のチャンスを逃してしまうことになります。その為、これらの情報をしっかり伝える必要があります。


化粧品通販会社A社は、化粧品の使う量をわかりやすく伝えるため、実際に手にとった時にどのくらいになるかを写真に撮り具体的なイメージ作りに役立てています。また一度見ただけではどのように使えば良いかを忘れてしまう可能性がある為、いつでも見てもらえるようにコンパクトなツールにし、洗面台に置いておけるような工夫を行っております。


化粧品通販会社B社は、商品購入後すぐにお客様へお電話をし、使用方法や使用量などを丁寧に伝えています。こうすることで正しい量を正しく使ってもらえることにつながり、その結果、肌への効果を実感してもらえ、商品も消費してもらえるためリピート購入へと結びついています。


また、化粧品通販会社C社は、化粧品の使い方勉強会を開き、商品の正しい使い方について伝えています。この勉強会を開いてわかったことに、お客様それぞれが自分流の使い方を続けていることが分かりました。そこで、自社がおすすめる商品の使い方や1度の使用量を正しく伝えることで、好ましい効果を感じてもらえることに繋がり、結果リピート客数が伸びていきました。


多くの化粧品通販会社では、化粧品の使い方ツールを準備していますが、お客様の目にとまっているのか?内容が正しく伝わっているのか?を確認しておく必要があります。


特に使ったけど効果がなかったといような指摘をもらったお客様には、使用方法を聞き、自社がお勧めする使用方法であるかを確認すると良いでしょう。もしかすると、正しく伝わっていないことが、効果を感じてもらえない理由である可能性もあります。ツールを同梱して伝えるという行為で終わらせずに、正しく伝わっているかを確認することが何よりも重要です。


リピートに課題をお持ちの企業は、一度この点を振り返ってみてはいかがでしょうか?


 
タグ:

読めばきっとためになるメールマガジンをお届け ご登録がお済み出ない方は、こちら






 

EC通販コラムTOPへ通販コンサルTOPへ